闇金の手口に気をつける

闇金の存在が世に知られ、警戒されるようになって。それに平行して大手の消費者金融のイメージがクリーンなものになってきたことで、利用者が減り悪質な金融は昨今衰退傾向にあります。だからといって被害が少なくなったというわけではなく、不況でも生き残る金融に関しては、状況に抵抗するためにその手口もより巧妙なものになってきているので、注意が必要です。

 

例えば近年特に警戒が促されているものに、090金融というものがあります。これは数字が示すとおり携帯電話でアクセスを取る、店舗や会社を持たない闇金のことで、気軽にお金を借りることができるという言葉で、チラシに看板に様々な方法で営業をかけてきます。

 

お金の貸し借りは実際に落ち合う場所を決めて手渡しで行われるので、証明のようなものも残らず、携帯の番号すらも替えの聞くものを使用しているという悪質さで、警察の取り締まりの方も満足には進んでいないというのが現状です。こういった闇金にお金を借りてしまうと、好きなように借金を作られて、個人情報を利用され執拗な取立てを受けることになります。

 

手を変え品を変え被害者を増やそうとする闇金のたくらみに、うかうかはまってしまうことのないように、お金を借りるという行動は十分に検討した上で行うようにしてください。

 

闇金の手口、取り立ての被害からの開放を考えるなら、まずは基本となる闇金の取り立て手口をしっかりと知っておきましょう。